油絵画家、永月水人のArt Life 

凹んだ出来事

b0089338_2174671.jpg

     先日、大手企業(非製造業)の中間管理職(50歳半ば)の方とお話しする機会がありました。

     その人から面と向かって
     「芸術家は売れなくて飢え死にするものだ。それでいいんだ。」
     「生きているうちに有名にならないものだ。」
     と言われました。

     こういうことを言う人はこれで3人目です。
     この方は趣味で芸術関係(絵や陶芸・詩吟や書、華道やお茶etc…)はまったくしていない方です。

b0089338_2175762.jpg


     日本の中で、芸術というのは、金持ちのお遊びという概念がどうしても消えません。
     日本の文化が低いといわれるのは、芸術が商業ベースに乗っていないことも要因のひとつです。
     「芸術は金持ちがするもので、貧乏人がすることではない。」 とよく言われます。
     そもそものスタート地点が間違ってます。
     芸術的センスや才能のがある人がすること、、がスタートのはずです。
     芸術性など関係なく、作家がお金があるかないかで判断されるのが、日本の文化社会です。
     絵画だけでなく陶芸や書、彫刻でも同様です。
     海外の画廊や美術関係者は、日本のこの状況をよくご存知で、当の日本人だけが分かっていません。
     世界に広まってしまったこの状況を払拭したいものです。

     日本には、芸術の分野では製造→卸→販売という「商業ベース」構図がないのです。
     先進国の中でこれがないのは日本だけです。
     ですから世界から見ると、日本は文化が低いといわれてしまいます。
     日本では、芸術は、「仕事」とみなされないことが多いのです。

b0089338_219033.jpg


     日本では、芸術家がお金儲けをするのは卑しいと言われてしまいます。
     芸術家も人間ですので食べて生活していかなければなりません。
     しかし、それを欲することがいけないという人がいます。
     芸術性が下がると言うのです。
     「キャンバスや絵の具が空から降ってくる、親が買ってくれる、だんなさんが買ってくれるものだ」と
     思い込んでいます。

     私がよく質問されるのは
     「ダンナサンがお金持ち?」・・・結婚していないというと
     「親がお金持ち?」・・・・・・・普通のサラリーマンです。と答えると
     「えーーー!どうやって食べてるの?!!」・・・アチャ~ ( ̄∇ ̄;)
     頑張っているのよ~~と思っても、ただ笑うしかありません。

b0089338_2191183.jpg


     既成概念を壊すには、一人の力では難しいです。
     今、「芸術を商業ベースに乗せよう」、「芸術家も食べていけれるようにしよう」 と
     販売ルートを構築しようと、ことあることに訴えているのは村上隆さんです。
     (ルイヴィトンのさくらんぼの柄の作者で有名です)
     彼は若いとき借金し、有名になって事務所を立ち上げても借金しきました。
     今ニューヨークで認められ、「世界の村上」になっています。
     多くの若い芸術家が彼の元に集まってきています。
     一人で制作するのではなく、数十人でひとつの作品を作る「チーム制」をとっています。
     日本国内では「商業ベース」を作ろうにもどうしても壁があるので、彼はニューヨークへ出ました。

     日本画の千住明さんもニューヨークで活動し芽が出た人で(スペインで金賞を受賞した方)
     「日本人の作家達はニューヨークへ出よう!」と呼びかけています。

b0089338_2192868.jpg


     面と向かって 「飢え死にすればいい」 と言われて、少し凹みました。
     芸術家の中には、世間の波にもまれ、筆を置いたり、命を断ったりしたりする人もいます。
     私は、向かってくる波を踏んづけてやろうと思います。
     負けないぞーーーーっ!!!

b0089338_2195389.jpg


     グチになってしまいました。
     長文を読んでくださってありがとうございました。

     屈強にたたされている皆さん!
     お互い頑張りましょうね~~!!


b0089338_21102284.jpg


≪写真の花達は、庭に咲いた花です。≫


永月水人のブログを気に入ってくださったら、
応援クリックをお願いします。→
  人気blogランキングへ

にほんブログ村のランキングにも参加中です。 にほんブログ村 美術ブログへ

[PR]
by legracieuxtemps | 2008-06-14 21:21 | 日常の出来事 | Comments(9)
Commented by jyoze-mama at 2008-06-15 07:29
そうですね~日本はどうしてもそんな風潮があります。
私の親戚のおじさんの画家も生きている時も少しはお金が入っていましたが・・・生活はそんなに楽ではなかったようです。
イタリア・アメリカに行って賞を貰ったりしてました。
戦時中は偏見の目で見られ警察にお世話になったこともあったようです。
本を出した事がありそれに書いてありました。
読んだのは確か私が高校生の頃ですから詳しい事は忘れましたけど?
12人の兄妹の2番目でしたので援助してくれる人も居ませんでした。
絵が好きな人は知ってる人も居ると思いますが?
山口の県立美術かんで披露された事もありましたが
でももう随分昔に亡くなってますので・・・
私は芸術のことは良く判りませんが・・・御免なさい^^;
みとさんも世間の風に負けず頑張って下さいね~!
何時も応援してますから・・・^-^
Commented by 水人 at 2008-06-16 01:03 x
★jyoze-mamaさま
長いグチの文章を読んでくださってありがとうございました。

jyoze-mamaさまのおじ様は画家でいらしたんですね~~
お名前を教えてくださいませんか?
絵を拝見させていただきたいので検索してみたいです。

戦時中の画家達の苦労は、現在の画家達の苦労に比べたら
もっと大変だったと思います。
描きたくないものを強制され、拒否すれば投獄されたとききました。
私の凹みなど、たいしたことないですよね~~
頑張ります!!
あと50年は生きて、描き続けたいと思います。

応援のコメント、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。
元気を頂きました!!!!
Commented at 2008-06-16 10:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-06-16 10:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-06-16 14:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by フラミンゴ at 2008-06-17 04:33 x
けいちんさんのところからですが、こちらには初めてコメントさせて頂きます。未だにこんなことをそれも面と向かって言う人がいるんですね。
何故なんでしょう。弁護士が法律の知識を生かして、会計士が会計の知識を生かして社会に貢献して生活の糧を得るように、
どんな分野のArtistも同じように自分の才能を生かして社会に貢献して生活の糧を得ようとしてるのだから、当たり前のことですよね。
私の知り合いでコンピューターグラフィックと言う商業ベースに乗りやすいエリアではありますが、それを職業にしている人が数人います。
世界に二つとない芸術を生み出す人達。
水彩や油は商業ベースに乗り難いのかも知れませんが、レプリカの効かない、ホントに世界に一つしかない絵。水人さんの絵、とても綺麗で素敵です。
是非頑張ってください。

ところで、私的な要望で申し訳ないのですが、大人の塗り絵の本は出されないのでしょうか?芸術は右脳を刺激すると聞きますので、
アルツハイマーの診断を受けた義母に、水人さんのブログの大人の塗り絵をプリントアウトして渡そうと思っています。
本が出たらとっても嬉しいんですが♪


Commented by 水人 at 2008-06-17 07:27 x
★10:32&10:45 鍵コメさま
教えていただきましてありがとうございます。
早速検索してみました。
第3回安井賞を受賞されていらっしゃるんですね。
凄いわ~~

ご苦労されたんですね。。。
でも、ご自分の信念を貫かれたんですね。
根性ですね!
私もヘタレないよう、頑張りたいと思います。

作品が、亡くなった後も、皆さんに見ていただけるのは
凄いことです!!
私もそうなれるよう、頑張ります!
応援ありがとうございましたm(_ _)m
Commented by 水人 at 2008-06-17 07:32 x
★14:43鍵コメさま
ありがとうございます。
これくらいの言葉で、凹むようじゃあ、まだまだですね~~
世の中にはもっと大変な人が沢山いらっしゃいますものね。

知り合いの作家で、オブジェを作っている人がいますが、
食べ物がないときは、トイレットペーパーを食べたりしてたことがあります。
デッサンに使う消しゴム用パンの、みみだけを食べたりしてた人ともいます。。
かの、村上さんも、道端の草を食べていた時期があるんです。
そうしてみんな乗り越えて行きます。
私も負けないように、頑張りたいです!

応援してくださって、ありがとう!
凹みから早く脱出して、
いい作品を描きたいと思います。

コメントを頂けて嬉しかったです~~^▽^/
Commented by 水人 at 2008-06-17 07:47 x
★フラミンゴさま
おはようございます。
けいちんさんのところから訪問いただいたんですね。
ありがとうございます。

コメントもありがとうございます♪

どのお仕事の方々も頑張ってますね!!
私もこんな言葉くらいで凹まないように頑張ろうと思います!

おとなの塗り絵を、ご利用いただいてありがとうございます。
本の出版については、自費出版は考えていないんです。
ゴメンナサイ。
どこかの出版社が声を掛けていただけないかしら~~^0^/

今はこのブログからプリントアウトしてみてくださいね。
お手数掛けてすみません。
義母さまのお役に立てれば嬉しいです。

応援のコメントを頂けて嬉しかったです。
ありがとうございました!!
これからもまた見に寄ってくださいね。、