人気ブログランキング |

油絵画家、永月水人のArt Life 

出雲大社例祭 参列旅紀行 5

永月水人の絵画アートブログへようこそ♥
b0089338_21323378.jpg
【天皇陛下の御幣物を奉る出雲大社大祭礼
出雲大社例祭 参列旅紀行 5】


5月14日、旅の最大の目的、

出雲大社例祭参列の日です。



目覚ましを5時にセットしたのに、

緊張のせいか、

みんな4時には目が覚めました。

母は部屋の掛け流しお風呂に入ってました。

(*⌒▽⌒*)





9時40分までに受付を済ませることになっていましたので、

8時40分に現地の方がお宿に車で迎えにいらして下さり、

出雲大社まで送って下さいました。

当初はタクシーや電車や路線バスを乗り継いで

出雲大社まで行くつもりでいたんですが、

友人が母を心配してくれて、

現地の方に車で助けて下さるように

依頼しておいてくれました。

前日の移動で少し疲れていた母も私たちも、

とても助かりました。


b0089338_21325660.jpg

小雨模様の中、厳粛な例祭が斎行されました。

天皇陛下の大御使である勅使様をお迎えして、

天皇陛下よりの御幣物(ごへいもつ)が

勅使様から國造へと伝達され、

國造により御本殿奥、

大國主大神様の大前にお供えされ、

勅使様により御祭文(ごさいもん)が奏上せられます。  
※上文は出雲大社ホームページから一部引用させていただきました



初めて参列させていただく例祭は、

八足門内の御本殿前で行われました。

(昨年の奉納時に次ぎ、2度目の御本殿前入場です。)

中には参列者しか入れず、

一般参拝者の皆様は門の外から見学されます。

例祭斎行中は門が閉じられ出入りは禁じられ、

門内は撮影禁止です。

参列者の席には大きなテントが張られて、

長いすがありましたので、座って参列できました。

神職の皆様は1年に1度、

この例祭にしか着さない正服(せいふく)に身を包み、

立ち居振る舞いが美しく、見惚れてしまいました。

「国造謝恩詞を奏す」場では参列者も唱和しました。

謝恩詞と神語は美しい日本語で、

唱和させていただいたときには、

清らかな気持ちになりました。  
※記載紙を見ながら唱和




初めての参列でしたので、

緊張しました。

大変貴重な体験をさせていただきました。  



出雲大社大祭礼
http://www.izumooyashiro.or.jp/saitens/3341




b0089338_21324659.jpg
境内の「ムスビの御神像」での写真。

空に龍が現れたように妖気漂う?!  


※「ムスビの御神像」   
日本最古の歴史書である「古事記」の中のお話。
大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)が、
まだ神様になっていないころの修行中の頃、
ある日突然、日本海の荒波に乗ってやってきた
「幸魂・奇魂(さきみたま・くしみたま)」といった
「魂たち」が、大国主神の前へ現れたときの像。                   



参列後は、出雲そばを食べて、

お土産屋さんめぐりをして、

ぜんざいなどを食べたりしてから、

早めにタクシーで出雲市駅へ向かい、

帰路に着き、

遅延や乗り間違いなどのトラブルもなく、

無事に深夜に帰宅しました。




新幹線などの移動時間は片道6時間ですが、

静岡からでも1泊で

十分充実した旅ができることがわかりました。




今回の旅では、友人が現地移動が楽なようにと、

色々と手配して下さったので、

そこが大きなポイントでした。

母はもちろんですが、

私たち娘もとても助かりました。


友人T氏に感謝感謝です!!!!
m(_ _)m


とても素晴らしい旅でした。

おかげさまで、親孝行もできました。

また、三人で、旅をしたいと思っています。





長文紀行文にお付き合い下さいまして、

ありがとうございました。m(_ _)m   



        
***番外***
父に頼んだワンコのお世話。
ワンコは、
留守の間(13日14日)ご飯食べず、
断食しちゃってました。
(T_T)
私たちの顔を見てから、
爆食し爆睡しました。
ファナ、ごめんね~~~


今日もいらしてくださって、ありがとうございます。



永月水人オフィシャル絵画ショップ
・゚゚・。♥。・゚゚・。♥。・゚゚・。♥。・゚゚・。♥。・゚゚・。♥。・゚゚・。 
【お現金でご購入】
※額がサービスでついてます! 
 アトリエ 永月水人
・゚゚・。♥。・゚゚・。♥。・゚゚・。♥。・゚゚・。♥。・゚゚・。♥。・゚゚・。
【 世界文化遺産/富士山の麓で活動する油絵画家:永月水人のブログ 】

★永月水人:油絵画家 
  出雲大社と久能山東照宮に「黄金の富士山」油絵が永久保存されています!!
  ※犬や猫の肖像画を受け賜ります。

by legracieuxtemps | 2019-05-17 21:33 | 日記 | Comments(2)
Commented by amesyo at 2019-05-18 09:47 x
私も子供の頃は毎月一度大阪の出雲大社分詞にお参りに行っていました、年に一度神無月には全国の神が出雲に集まるとされているので出雲大社へ
玉砂利を踏みしめ神に・・静かな気持ちになりますね
素敵な親孝行できましてね
私も娘と・・何時か旅行を・・夢は叶うことはありません
Commented by legracieuxtemps at 2019-05-18 23:01
★amesyoさま
こんばんは。
いつもコメントをありがとうございます♪
更新の励みになっております(〃'▽'〃)

これから毎年参拝できるようにがんばりたいと思います。
高齢の母とは日帰りプチ旅行が多く、
今までは犬や猫などお留守番をさせられませんでしたので、お泊り旅行はしてきませんでした。
ワンコが8歳になり、父にもなついていることから
思い切ってお泊り旅行にしてみました。
母の足腰が丈夫なうちに、親孝行ができてよかったです。

母娘旅行は、何か大きなきっかけがないと、
父を残していくというのは難しいものです。
お嬢様も忙しい日々の中、いつかはと思っていたはずです。
amesyoさまがご旅行の時は、今後はお嬢様のお写真をお持ち下さいね。
きっとおそばにいらっしゃいますから。
by永月水人