油絵画家、永月水人のArt Life 

油絵下地2=動画付=

油絵の下地の塗り方 その2。

今回は刷毛を使います。



光がどの方向から来ているかを決めて
きているほうから明るい色をキャンパスに直接絵の具をおきます。
 
b0089338_2228399.jpg


そのままでは面がぼこぼこしてしまうので
日本画用の刷毛でならしていきます

油絵下地塗り2


下地完成です。
 
b0089338_22285949.jpg


日本画用刷毛の動きは、素早く左右に、軽く画面をなでるようにしてください。
優しく優しく。
決して画面の絵の具を擦り取ってはいけません。



自分もやってみたいなと思ったら、それぞれクリックして下さいね。
人気blogランキングへ
b0089338_112722.jpg


にほんブログ村のランキングにも参加中です。
にほんブログ村 美術ブログへ


↑それぞれクリックして下さると、それぞれのランキングの順位が上がります。
更新の励みになりますので、応援をお願いいたします。



 

エキサイト動画を見るためにはAdobe Flash Playerのインストールが必要です。
お手持ちのパソコンにインストールがまだの場合は、インストールしてからご覧ください。(無料)
一度インストールすれば、他のエキサイトブログの動画も見ることができます。

[PR]
by legracieuxtemps | 2006-12-08 22:37 | 制作プロセス | Comments(2)
Commented by maple at 2006-12-08 23:04 x
初めまして、「北海道の自然」お越しいただいてありがとうございます、記念すべき初めてのお客様でした、
素敵な絵を描かれておられるのですね、自分は絵は描けませんが見るのは好きです、これからもよせていただきます、
Commented by 水人 at 2006-12-10 01:51 x
★mapleさま
はじめまして。
ようこそお越しくださいました。
コメントをありがとうございます。
動画をダウンロードするときに一覧の中に丹頂鶴の動画を拝見して、
凄いなと思ってお邪魔しました。
丹頂鶴はテレビでした見たことがありません。
あんなにたくさんの丹頂鶴が見れるなんて素晴らしいですね。

しかし、、、寒そうでした。
ヌクヌク育ちのの静岡県人の私には信じられないほどの寒さだと思います。
丹頂鶴の舞を見せていただいて本当にありがとうございました。
ふくろうも可愛らしかったです。

また北の自然の動物たちをお拝見しに伺いますね。